ED治療薬を服用する前のお酒を飲んでいたらどうなるの?

ED治療薬を飲酒後に服用したらどうなる?

ED治療薬を飲酒後に服用したらどうなる?

一般的には、風邪薬などの服用とお酒の摂取は避けた方が良いと言われています。アルコールによって薬の作用が弱くなったり、場合によっては強くなったりすることで副作用が出る事もあります。

自身の体調管理を徹底する方はお酒と飲むことは良くないです。しかしED治療薬とお酒を一緒に飲んだ場合、バイアグラなどに含まれている有効成分はアルコールとの相互作用がありません。

なので効果に影響が出てしまうことや、ひどい副作用を起こすことがないことから、同時摂取しても問題はないとされています。また場合によっては、アルコールの摂取がED治療薬の効果を手助けすることもあります。

心理的や精神的な要因でEDを発症している場合は、適度なアルコールの摂取によってその原因を払拭してくれます。あくまでも少量のお酒を飲んだ場合に手助けをしてくれる可能性があるだけで、全ての人が同じ効果を体感できるとは限りません。

逆効果になってしまい、さらに悩みを深刻にする可能性も秘めているので、気をつけるべきです。過度なアルコールの摂取は、脳機能や神経伝達を鈍らせてしまうので男性機能が低下します。

その状態になってしまっているところに、ED治療薬を服用したところで、その効果を得られにくいです。ED治療薬は、性的な興奮を高めるために飲むものではなく、血管を拡張させて勃起を促進させる薬です。

血管が拡張して全身に血が巡りやすい状態になっているところにアルコールが入ると、一気に全身にアルコールがまわり弱い方はふらついてしまいます。その状態になってしまっては、性行為どころではなくなってしまいます。

また薬もお酒も同時に摂取することで、血圧が急激に下がるという報告もあります。血圧が急激に下がることで心臓に負担がかかってしまい、体の健康上良くありません。

アルコールの飲み過ぎはED治療薬を服用する以前の問題で、体に良くないので気をつける方が良いです。薬の作用を邪魔せず、ストレスや緊張などを緩和してくれる適切なアルコール量は20gから25gです。

ビールだと500mlで中瓶1本分ぐらい、日本酒は180mlで焼酎は90ml、ワインだと240mlが適正な飲酒量とされています。

この量はあくまでも目安ですので、アルコールに対して免疫のない方や弱い方はもう少し減らした方が良いです。個人差があるので自分がどのぐらい飲むと酔ってしまうのかという事を把握しておく必要があります。