ED治療薬を通販で買った場合、犯罪扱いになってしまうの?

通販でED治療薬を購入したら犯罪?

通販でED治療薬を購入したら犯罪?

日本国内でED治療薬は病院・クリニック等での診断を経ての入手が一般的です。国内で認可されているED治療薬はすべて処方箋が必要な医薬品ですので、医師の診断なしでの購入はできないのが基本となっています。

ですがED治療薬の入手にはこの方法以外にも、海外の通販サイトを利用した「個人輸入」を行う方法もあります。

個人輸入には数多くのメリットがあります。特に費用を抑えられるのは大きなメリットと言えます。病院などで処方箋として購入する場合には、ただでさえ高価な薬代に、診断料、病院への交通費等がかかるため経済的負担は非常に大きくなってしまいます。

一方、個人輸入では輸入に介入する業者がいないためマージンが掛からず、国内で販売されているのと同じ薬であってもより安価に購入することが可能です。

また国内で販売されているED治療薬とまったく同じ成分を使用したジェネリック薬も手に入るため、これを利用することでより経済負担を軽くすることもできます。

こうした経済負担の軽減の他に、病院に行く手間もありませんし、診断時に恥ずかしい思いをせずに済むといったメリットも個人輸入にはあります。

個人輸入は違法ではないのかと、考える方も大勢いらっしゃると思いますが、これは一定の範囲内であれば違法性はない行為ですので安心してください。

ただし個人輸入の利用範囲をしっかりと把握していない場合には気づかずに違法行為をしてしまうことがあるため注意が必要です。

個人輸入が認められる範囲は、「自己のために使用する範囲」とされています。つまり自分で使う分のみの購入が認められ、例えば輸入したものを他人に販売することはもちろん違法ですが、友達にプレゼントするといった行為も違法となります。

また誰かに頼まれて輸入を行うことも、自己使用ではありませんので違法です。個人輸入を行うを行う場合には手続きが煩雑となることが多いため、国内の個人輸入代行業者を利用するのが一般的となっています。

こうした代行業者はあくまで、「海外通販サイト」と「個人輸入を行いたい人」の間に介入するだけであり、実際の取引を行うのは購入者と海外サイトです。そのためこうした代行業者自体にも違法性はありません。

ただ注意したいのがこうした代行業者の中には、「偽造品」を扱っている業者が存在することです。

こうした業者は「極端に商品の値段が安くない、販売実績がしっかりとしている、口コミでの評判が良い」などを見ていくことで容易に避けることができますので、参考にしてみてください。